GRを持って根津美術館へふらっと

根津美術館

テレコンを買った日は、
根津美術館 にも行ってきました。

どちらかというと、主の目的は美術館で、
ついでにカメラ屋という感じだったんですよ。

ホントに (^^;

GRを持って根津美術館へふらっと
Ricoh GR Limited Edition

根津美術館の最寄り駅は 「表参道」です。

「根津駅じゃないの?」と思いませんでした?
以前、私もそう思いましたw

では、なぜ「根津」かというと、
根津嘉一郎さんのコレクションを展示するために
作られた美術館だから 根津美術館です。

なお、根津嘉一郎さんは、東武鉄道の社長を務めた人。
いまの東武鉄道の社長さんは、この方のお孫さんですね。

酒呑童子絵巻

見たかったのは酒呑童子の絵巻物。

物語の大雑把な「あらすじ」としては、
源頼光(みなもとのよりみつ、らいこう)とその家来たちが、酒呑童子という
鬼のような化け物をやっつける話です。

なお、頼光の家来の中には、坂田金時(さかたのきんとき)
つまり金太郎さんもいます (^^)

子供の頃から、この話が好きでした。

思い出してみると、酒呑童子の本が家にあって、
自然に読んでたんですね。

物語そのものも面白いし、そしてちょっと怖いし
挿絵も良かったんです。

酒呑童子絵巻
根津美術館のWebサイトより http://www.nezu-muse.or.jp/

英語表記を見て気づいた、
絵巻物って、
英語だと ピクチャー スクロール なんですね。

へー。
まぁ そうかもね(妙に納得)

表参道を散歩

表参道駅から 根津美術館まで、徒歩7分程度です。

その道中は、結構オサレな感じの店が多い。。。

表参道ですからね。

GRを持って根津美術館へふらっと
Ricoh GR Limited Edition

そして、駐車場にある車は、
最低でも ベンツ という感じですね。

自慢じゃないけど、うちにも一台ありますよ。
まぁ 1文字違うけど・・・ベンキ。。。

風邪をひいたら ベンザ。。。
黄色い便座・・・ なんか汚い物を想像してしまう (^^;

GRを持って根津美術館へふらっと
Ricoh GR Limited Edition

それにしても、店の高級感よ!!
ほんと、高価な物を売ってそう・・・

まぁ 人の金銭感覚をとやかく言える立場じゃないか。

思えば、カメラに数10万円、いや百万は超えてるorz

百万人の諭吉さーん カムバーック~~
シェーン カムバーック!

あとで気づいたけど、諭吉さんは100人だ。。。
わたし、計算苦手なの。。。

根津美術館に到着

上の写真は、根津美術館の入り口付近の通路。

趣(おもむき)があって、ちょっと期待が膨らみます。
股間は膨らみません。膨らむのは夜です。

濡れてみたいな 2人なら 夢は夜ひらく~♪ 園まり

GRを持って根津美術館へふらっと
Ricoh GR Limited Edition

室内で写真を撮れる所もあるけど、
人がたくさんいたし、今回は撮らなかったです。

ということで、室内の写真はありません (^^;

それと、庭も綺麗なんですよぉ。

参考までに、去年の初夏に撮った 燕子花(かきつばた)の写真をアップ。

GRを持って根津美術館へふらっと
Ricoh GR Limited Edition

そうそう、この美術館では
燕子花の咲く時期に、あの有名な 尾形光琳の燕子花図 が展示されます。

とても贅沢なことに、
「絵」の燕子花と、「実物」の燕子花を 見比べることが出来ます。
もちろん、室内と屋外だから 移動が必要だけど。

色の違い、表現の方法、構図など、いろいろ「分かった気」になれますw

本当に分かったかどうかは 分からない (^^;

なんとなく陽気が春めいてきたなぁ~と思ったところで 今日はこのへんで。

2件のコメント on "GRを持って根津美術館へふらっと"


  1. (・o・) ふむふむ いい味の写真ですね~

    燕子花 さりげなく お姉さん撮りかと思ったw

    返信

    1. が~たんさん こんばんはぁ~(^▽^)

      お褒めいただき あーざすw
      一眼レフを使うときは、どちらかというと
      景色や色を正しく写したい感じですけど、
      GRなので、雰囲気を撮りたいなぁ~
      という感じでこのエフェクト使ってます(^^

      おねーさん撮りじゃないですw
      しかも このおねーさんとは
      日本語で会話できないと思う(^_^;)

      返信

コメントを残す